表現の自由 Tシャツ [フランス週刊誌襲撃テロ]

20150111

       2,900円(税込3,132円)

サイズ
カラー・袖
購入数

[デザイン解説]
アメリカはコメディと言って北朝鮮を侮辱し、フランスは風刺と言ってイスラムを侮辱。
それぞれサイバーと暴力のテロの仕返しを受けました。
昔は成立していたコメディや風刺もインターネット社会になった現代では
それは通用しないのではないでしょうか?
ただ、暴力で報復するやり方は絶対に許されません。
風刺表現をやってる身として、表現の自由はとても大切なものです。
ペンは剣よりも強し。
これからもそうであることを願ってデザインしました。


「フランス週刊誌襲撃テロ」
2015年1月7日、フランスの「シャルリー・エブド」紙の本社で、12人の死者を出す銃撃事件が発生。
その後もパリ市内の食料品店で人質にとられた4人と警官を含め、3日間で17人がイスラム過激派とみられるテロリストに殺害された。


価格:Tシャツ…2,900円 +tax
   長袖Tシャツ…3,400円 +tax
   (XXLは+500円)

カラー:白,杢グレー

素材:白…綿100%
   杢グレー…綿 80%・ポリエステル20%

サイズ:Tシャツ…110〜XXL
     長袖Tシャツ…110,130,150,160,S〜XXL

サイズ詳細